FC2ブログ

特殊性癖のネタ

特殊な性癖のオナネタを集めた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

娘の友達

娘の香織には同学年で仲の良い友達がいます。
小学5年生ですので、まだまだかわいい盛りです。
先週のことです。娘の友達のゆみちゃんが遊びに来たのですが、
丁度娘は妻とショッピングに出かけて留守だったのでその事を伝えると...

「ざんねんだなー、香織ちゃんとテレビゲームするの楽しみにしてたのになー」

と、すごくがっかりした様子。
とぼとぼと帰り始めたゆみちゃんを見ていると何だか可哀想になり

「よかったら、おじさんとゲームするかい?」

と引き止めてしまいました。

「いいの、おじさん?」

と、ゆみちゃんはすぐに言葉を返して来ました。
 
 いまどきの女の子らしく、ミニスカートから長い足をすらっと伸ばしたかわいい少女です。
部屋の中に入りゲームに熱中しだすと、ぴょんぴょん飛び跳ねるので、
その度に短いスカートが捲れ上がって、白いパンティが丸見えになっていました。
小さいながらも胸もちょこんと膨らんで、なんだか妙に色っぽいのです。  
 時々見えるパンティを盗み見るように、テレビゲームを楽しんでいる振りをしていました。
ゆみちゃんの方はすっかりゲームに熱中してしまって、少々興奮状態です。
とうとう私の膝の上にまで転がり込んで来ました。
 スカートは捲れ上がった状態で、柔らかいお尻を包むパンティが
直接わたしの股間の上にあるものですから、ズボンの中のちんぽは、
しっかり勃起してしまいました。
さすがに、ゆみちゃんもそれに気づいたらしく、もじもじ仕出しました。
 それでも、膝の上から下りようとはしません。
それどころか、手を伸ばしてズボンの上から大きくなったちんぽを遠慮がちに擦り始めたのです。

「おじさんもパパといっしょだね。ゆみが膝の上に乗ると、
パパのおちんちんすぐに大きくなっちゃうんだよ」

そう言いながらもかわいいマッサージは続いています。驚きと悦びで複雑な心境でいる私に

「おじさん、すごく大きくなってるね。ゆみ、ちょっとだけ見たいな」

と言うが早いか、ズボンのファスナーを下ろして、無造作に細い指を突っ込んで来ました。
ゆみちゃんの指はしっかりとちんぽを握って、とうとうズボンの外に引っ張り出してしまいました。

「うわーっ! パパより大きい!」

と興奮している様子です。
 わたしは、どうしていいか解らなくなり、ゆみちゃんの好きにさせてみることにしました。
すると、小さな手の平で包み込むようにして、勃起した大人のちんぽを上下に扱きだしたのです。
わたしは驚きと同時に問いかけていました。

「ゆみちゃん、こんなすごいことパパに教えてもらったの?」

「そうだよ、パパが教えてくれたの。こうすると男の人は気持ち良いんでしょ?
おじさんも気持ちいい?」

 ちんぽを扱きながら、小さな天使は私を見ています。

「すごくいい気持ちだよ」

ゆみちゃんの頭を優しく撫ででやりました。

「でも、ゆみのママには内緒だよ。約束してくれる?」

「どうしょうかなー」

私はわざと意地悪を言ってやりました。

「秘密にしてくれるって約束してくれたら、パパみたいにミルク出してあげるよ」
 
 私がすぐに頷いたのは言うまでもありません。

「ゆみちゃんのママには秘密にしておいてあげるよ。
だからゆみちゃんがいつもパパにしていること、おじさんにしてごらん」

 ゆみちゃんは「うん」と頷くと、さらに激しくちんぽを扱き出しました。
私のちんぽは今にも噴射しそうです。
堪らずティッシュに手を伸ばすと、ゆみちゃんは私の手を制止しました。
そして小さなおちょぼ口を開くと小さい舌を出して...

「大切なミルクなんだから、飲まなきゃだめなの。おじさん、大人なのに知らないの?
女の子が綺麗になるための魔法のお薬なんだよ」

 しっかりパパに調教されているらしく、精液は飲み込むもんだと躾られていました。
娘の香織の顔が一瞬浮かんで、ゆみちゃんのパパがすごく羨ましく思えてきました。
かわいい少女に刺激を続けられて、わたしのちんぽも我慢の限界です。

「おじさんのちんぽ、もうすぐミルク出しちゃうよ。ゆみちゃん、いくよ!」

 ドクドクドクっと、自分でも驚く程の精液がゆみちゃんの小さな舌の上に注がれました。
イチゴの上に塗されたコンデンスミルクのように、ゆみちゃんはおいしそうに飲み下しています。
まだ11才の少女なのに...

「おじさんのミルク、すごく甘くておいしいよ。パパのはすごくピリピリするんだ。
これだったら、きっと大丈夫だと思うな...」

「なにが大丈夫なの、ゆみちゃん?」

「あのね、おじさんが怒らないって約束してくれたら、話してあげてもいいよ」 
 
「おじさん絶対に怒らないから、教えてくれる? なにが大丈夫なの?」

 少女の不思議な問いかけに先約束をしてしまいました。

「ゆみのパパのミルクだけどね、ちょっぴり苦いんだ。
だからね、おじさんちの香織ちゃんはまだ全部飲み込めなくて、すぐに吐き出しちゃうんだよ。
だからいつもパパにお仕置きされちゃうんだ。
どんなお仕置きだと思う?」
 
 私は目の前が真っ暗になりながらも、その先を聞かずにはおられませんでした。

「おじさんちの香織はどんなお仕置きされちゃうの?」

「トイレに連れていかれて、パパのおしっこ飲まされちゃうんだ。
香織ちゃん、いつもゲボゲボ言いながらも、おしっこなら全部飲めるんだよ。
そのあとで待っているご褒美が欲しくて香織ちゃん頑張ってるみたいだよ」

「あの香織がおしっこ飲まされてるって?」

「ゆみいつも傍で見てるけど、おしっこは嫌じゃないみたいだよ。
すごくドキドキするんだって言ってた」 

「ドキドキか...それにゆみちゃんの言ってるご褒美って何のこと?」

「ご褒美って言うのはパパのおちんちんのことなの。
パパのおちんちんってすごく長いんだけどね、
全部香織ちゃんのワレメちゃんの中に入っちゃうんだ。
香織ちゃんって、ゆみより超エッチなんだよ。どうしてって? 
パパのミルク飲み込めなかったくせに、
香織のワレメちゃんの奥にいっぱい出してー、ご主人様―!
って言うんだもの...」
 
 うろたえながらも、これからの香織との付き合い方がどう変わっていくのか、
哀しさよりも前に、いけない悦びで胸が震えました。
その前に、ゆみちゃんへのお仕置きが先ですが...

 娘の友達のゆみちゃんとのいけない遊びはまだまだ続きました。
11才の舌の上に大量の精液を出しきった悦びと、
娘の香織がゆみちゃんのパパの性奴隷にされている事実にショックを隠せないまま、
半ば自虐的な勢いでゆみちゃんのかわいいミニスカートを剥ぎ取ってしまいました。
 小さなお尻を隠すように、飾り気の無い小学生らしい純白のパンティが目の前に現れました。
 娘の香織と似たような体型の、やせっぽっちで小柄なおチビちゃんです。

「香織の小さなワレメちゃんに、ゆみちゃんのパパは長くて硬い大人のちんぽを入れちゃったんだろう?
ゆみちゃん、その時の様子もっとおじさんに詳しく教えてくれないか。
だって、香織はまだ小学校の5年生なんだし、
おじさんと同じようなこんな大きなちんぽが入っちゃったなんて信じられないんだ」

 ゆみちゃんは、私の勃起したままのちんぽを握り締めながら、私の話しを聞いています。
時々、上目使いに潤んだような瞳で見つめてくるのです。

「おじさん、怒ってる?」

「もう怒ってなんかないよ。詳しく知りたいだけだよ」

 私は優しく問いかけました。しばらくモジモジとしていましたが、
ようやく意を決したようにゆみちゃんは話し始めてくれました。

「最初はね、パパが恥ずかしがる香織ちゃんを誘ってそれで3人でお風呂に入ったんだよ。
香織ちゃんがいるのにパパはいつものようにおちんちんを差し出してくるの。
恥ずかしかったけどゆっくり扱き始めたら、赤い顔した香織ちゃんがじっと見てて、
だんだん大きくなるおちんちんに興奮してたみたいだった。
 それからパパに手を取られて、香織ちゃんもパパのおちんちんを扱き始めたの」
 
 ゆみちゃんの話しはどこか夢の世界のようで、にわかに信じがたいことでした。
だけどそれはきっと現実に起こったことでしょう。なぜなら私の膝の上で話し始めたゆみちゃんは、
すでにパンティも剥ぎ取られていて、ツルツルのワレメちゃんを擦られながら告白していたのですから...

「香織ちゃんはパパから何度も誉められて嬉しそうだったよ。
だけど、ゆみがお口に咥えた時はすごくビックリしてた。
それでもパパから、香織ちゃんも上手に出来るかなって聞かれたら、こうですかっ
て言ってすぐにおちんちん咥え始めちゃったの」

「最初から香織はゆみちゃんのパパのミルク飲んだのかい?」

「パパも最初からは無理だと思ったみたい。我慢出来なくなるとゆみのお口に挿し込んで、
それからいっぱい出したの。ゆみが舐め摂ってると、おいしいの?
どんな味?って何度も聞いてくるの。すごくエッチな気分になってたんだと思う。
 香織ちゃんたらパパから命令された訳でもないのに、おちんちんの先に自分から
口をつけてチューチューって残ったミルクを吸い出してたんだもの。
 パパからどんな味って聞かれて、男の人のエッチな味がするって答えてたよ」
 
 娘の香織が調教されていく状況が目に見えるようでした。
不思議と怒りも無く、今は夢のような現実を噛み締めるだけです。
ゆみちゃんの小さなワレメちゃんに報復するような荒れた気も起こらず、
ただ赤黒い亀頭の先が柔らかな少女の亀裂に飲み込まれようとしているのを実感するだけです。

「おじさんのちんぽ、全部ゆみちゃんのワレメちゃんの中に入れるからね」

「ゆみ、頑張ります。だから、ゆみの一番奥にいっぱいミルク出して欲しい。
 だって、ワレメちゃんの奥にミルク出すのは、パパったらいつも香織ちゃんの時だけなんだもん。
ゆみも香織ちゃんみたいにして欲しい。
 メス犬の子袋にザーメンぶちまけてやる! とか言われてみたい。
 ご主人様のザーメンで妊娠させて下さい! とか無理やり言わされてみたい。
香織ちゃんみたいに...」

 やれやれ、せっかく優しい気持ちでいたのに、
どうもこの子は刺激的な展開を望んでいるようです。それとも、ありのままの話しなんでしょうか?

「ゆみちゃんの小さなワレメちゃんに、おじさんのちんぽの先っぽが入っちゃうよ。
ゼリーとか塗らなくても大丈夫かな?」

「そんな優しいこと言っちゃダメだよ。 ゆみはもう、人質になったんだよ。
おじさんの大切な香織ちゃんをおもちゃにしているパパの娘なんだよ」

「そうだったね。おじさんの大切な香織を散々おもちゃにしてくれた男の娘なんだから、
遠慮する方が間違いだったよ」
 
 それにしても、なんて華奢な足首なんでしょう。本当にまだ小学生なんですよね、この子も...
 それなのにママから買い与えられた白いパンティまで剥ぎ取られ、
ママには内緒で友達のパパから大きく両足を開いたあられもない姿にされているのです。
 つい最近、初潮が始まったばかりの幼いワレメが精一杯背伸びをして、
大人の男の完全勃起したちんぽを咥え込もうとしているのです。
それらの全てが大好きなママには内緒の行為なのです。
 亀頭の先を挿し込んだだけでも、かなりの締めつけがあります。
ちんぽのくびれの部分がちょん切られそう。
 それでも少し腰に力を入れて見ると、かわいい淫液が滲んで来て「つぷつぷ」と
少女のワレメに飲み込まれていきます。
 
「メキメキ」と音がしそうな程、力まかせにちんぽをねじ込みました。
 でも、ちんぽの付け根を少し残したところで、少女の子宮はそれ以上の進入を拒んでしまいました。
始めての新鮮な卵を抱いた幼い卵管が、この先にあるんですね。
そして、吐き出された精液は全てこの先を目指して進むのです。
 着床を目指して貪欲に進む精子達の群れ。
結合するために存在する卵子には、それを拒む術もありません。

「おじさんのおちんちん、全部入っちゃったね。
おじさん、少し怒ってたみたいだったから、痛くても我慢しちゃった。
ほんとは、パパの時は半分しか入れてもらってなかったんだ」

「自分の娘だから遠慮したんだろうね。
おじさんの娘の香織には遠慮してくれなかったみたいだけど」

「そうなの、香織ちゃんの時には長いおちんちん全部入れちゃうのに...
だから、おじさんもゆみには遠慮いらないよ...」

「そう言う時には、どう言うんだい? ゆみちゃん」

 11才の小さな子宮にグラインドをかけながら、ゆみちゃんの言葉を待った。

「ご主人様―!」

「嬉しい言葉たけど、それだけかい? ほら、おじさんの長いちんぼ、ゆみちゃん
のワレメの一番奥に届いているんだよ。」

 小さな小さなワレメちゃんが爆発寸前の嫌らしいちんぽの抜き差しに耐えている。
嫌らしいちんぽが、残さず白い体液を吐き出すために...

「ご主人様のザーメンで妊娠させて下さい!」

「よしっ! もっと言ってみろ!」

「ご主人様のザーメンで小さな小学生のゆみを妊娠させてーっ!」

「もっと、もっと嫌らしい言葉をパパから習っただろうーっ!
香織が言わされた一番嫌らしい言葉を吐き出すんだーっ!」

「あぁっ! ゆみは、ゆみはご主人様のメス犬になるために、ママに生んでもらったのーっ!
調教されながら妊娠するのがメス犬のお仕事なのーっ!
 ゆみ、5年生だけど、子供だけど、アニメとかアイドルとか好きな小学生だけど、
ご主人様のミルクで妊娠しますから、中出ししてーっ!」
 
 こんなかわいいおチビちゃんが、パパ以外の男に調教の成果を告白してしまったのです。
男の生殖本能を刺激する最高の言葉を吐いて。
 どうやら私のちんぽも、小さな締め付けに耐え切れなくなりました。
妻と娘の香織が帰ってくる前に、かわいいゆみちゃんの子宮の奥に
おいしいミルクをご馳走してやらねばなりません。さぁ、覚悟はいいかい、ゆみちゃん...

「よーしゆみっ! ご主人様の精液で妊娠しちまえーっ!
小さな子袋いっぱいに、スペルマぶちまいてやるーっ! 腹ボテの小学生奴隷にしてやるーっ!」

「あぅっ! すごく熱い、あっ、あっ、ドクドク出てるのが判るよ。
 まだ出てる、まだ出てるよーっ! いっぱい出てるよーっ!」






「おじさん、ゆみの卵子、きっと受精卵になっちゃうね」

「そうだね、女の子だからね。妊娠しちゃうかも知れないね」

「ねえ、おじさん。今日のこと、香織ちゃんにお話しする?」

「もちろんするよ。ゆみちゃんもそれを望んでるんだろう?」

「だって、おじさんの大きなおちんちんでお仕置きされる香織ちゃんを見てみたいもの...」

 それが叶うのも、そんなに遠い日ではないでしょう。
娘の香織の汚されたワレメちゃん、パパのちんぽで消毒してあげようね...
子宮の奥までちんぽを挿し込んで、きれいなミルクで洗ってあげようね...
その傍では、お友達のゆみちゃんが見ていてくれるから.....
スポンサーサイト
[PR]

ロリ | コメント:1 | トラックバック:0 |
| HOME | 息子の悪い癖>>

この記事のコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2016-01-06 Wed 17:38 | | [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。